THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

高杉晋作

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【勉強会】107回目の八丁堀・まなび塾「仕事に役立つ日本史入門(幕末維新編)」

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

先月末、2月26日に、107回目の「八丁堀・まなび塾」を開催しました。
今回は僕が講師役を務め、「仕事に役立つ日本史入門(幕末維新編)」をテーマにお話をしました。

大学受験は世界史、大学の学部は政治経済学部、唯一持っている中小企業診断士の試験に当然日本史はない(笑) ということで日本史をちゃんと勉強したことはありません。完全に独学ですが、いまや世界史より得意だと言い切るくらいの自信はあります。
続きを読む

【雑記】命懸けで仕事をする

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

「必死っていうのは、『必ず死ぬ』と書くんだ。なんだ、誰も死んでねえじゃないか」

僕が敬愛する故野村秋介氏は、生前、若い人をそう言って叱ったそうです。もちろん「死ね」という意味ではなく「言葉を大切にしろ」と言い聞かせるためでした。

同じような意味で僕が違和感を覚える言葉に「命懸け」があります。命はひとつしかない。毎日毎回、命を懸けていたら命がいくつあっても足りないと思ってしまいます。この言葉を発する人のほとんどは、本当の意味で命を懸けたりしていない。本当に命を懸けて戦っている人は、いちいち「命懸けです」なんて言う暇はないはずです。さらに、こうした人たちは、他人に向かってこう言いがちです。

「俺は命懸けでやってるんだ。お前の命懸けでやれ」
続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード