にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

奇跡の醤(ひしお) 陸前高田の老舗醤油蔵 八木澤商店再生の物語/竹内早希子



「艱難を共にすべく、富貴を共にすべからず」
幕末の志士、高杉晋作が言ったとされる言葉です。人は困難なことには協力して対処できるが、恵まれた状況では協力できない、との意味だと言われています。

本書を読み進めるうちに、この言葉を思い出していました。大震災、そしてそこから復興への一歩を踏み出し始める困難は、一致協力して進めることができるけれど、状況が好転しそうになるとそれが難しくなる。第9章を読みながらそんなことを思っていました。

しかし、そこで終わりではありませんでした。読み進めれば、そのもう一歩先があることがわかります。

<目次>
第1章 二〇一一年三月十一日
第2章 全部なぐなった
第3章 絶対、復活してやる
第4章 スカイブルーの町――気仙地方と八木澤商店の歴史
第5章 信頼関係なんかクソくらえ
第6章 失われた伝統の味
第7章 青い麦
第8章 なつかしい未来創造株式会社
第9章 再建への長い道
第10章 希望をつなぐ初搾り
第11章 奇跡の醤
第12章 地上を行く船

続きを読む