にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 /福田和也



初版は2001年と少し古めの本です。タイトルに聞き覚えはあるのですが、当時は、自分が「書く」立場になるなんて想像もしていなかったですし、福田和也さんのことが嫌いだったので(苦笑)、手に取ることはありませんでした。

最近、友人の編集者の方が
「この本に濃厚に影響を受けた」
とFacebookに投稿されているのを見かけて、中古マーケットから取り寄せました。
(なお現在、PHPビジネス新書から『』として刊行されています)

本の読み方、広く言えば情報の集め方について、そして文章の書き方(表現)について書かれた本です。情報収集の方法論のごく一部に時代的な古さを感じますが、それ以外は普遍的な、いまでも通用する考え方であり、メソッドだと思いました。

<目次>
第1章 本の「効率的」な読み方
第2章 「抜書き」の多様なメリット
第3章 本以外の情報の集め方
第4章 情報整理から表現へ
第5章 文章上達の「近道」とは
第6章 より幅広く書くために


続きを読む