にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




「補助金が地方のガンなんや!」

帯にそう書いてあります。補助金とは無関係でいられない立場の人間としては
「そこまで言わなくても・・・・・・」
と思わなくもありません。

しかし、現実に「ガン」と言わざるを得ない補助金の使い方があるのは知っています。補助金獲得が目的化してしまっている事業も見てきました。ですから、帯の言葉を全否定できません。


<目次>
第一章 シャッター街へようこそ
第二章 たった一人の覚悟
第三章 見捨てられていた場所
第四章 批評家たちの遠吠え
第五章 稼ぐ金、貰う金
第六章 失敗、失敗、また失敗
第七章 地域を超えろ
第八章 本当の「仲間」は誰だ
最終章 新しいことを、新しいやり方で、新しい人に

続きを読む