にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力/迫俊亮



コミットメント。これを僕なりに定義するなら、「本気度と覚悟を周りに示すこと」だ。P98

ミスターミニットをご存知でしょうか。駅の改札を出たところや百貨店の一画などに小さな店舗を構え、靴修理や合カギ作成などをしている会社です。名前は知らないけど使ったことがないなどはあるでしょうが、店舗を目にしている人は多いと思います。
著者の迫俊亮さんはその会社の社長です。

29歳の若さで社長に就任。過去10年間、業績は右肩下がりだった会社を3年間で劇的に変えました。その秘訣が書かれているわけですが、なにかものすごい秘策を講じたわけではありません。読んでみればわかりますが、目を見張るような戦略があったわけでもないのです。

では、なぜそれが可能だったのか。帯には
「戦略よりロジックよりも、大切なものがある」
と書かれています。

僕が感じたのは、迫さん自身が、その大切なものを実行することを本当にコミットメントしたからだ、ということです。

〈目次〉
第1章 10年連続右肩下がり」の会社では 何が起こっていたのか?
第2章 信頼度ゼロからでもリーダーシップを築く方法
第3章 やる気と向上心を引き出す「人事」をつくる
第4章 社員の能力を100%引き出す 「組織・インセンティブ・会議」をつくる
第5章 人を動かし、未来を紡ぐ「ビジョン」をつくる

続きを読む