にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ



じぶんを切りひらくアート ─ 違和感がかたちになるとき / 石川直樹

水戸芸術館の売店で、思わず手に取ってしまった本。

アートが僕に理解できるのかとの問いは、読み終わったいまも「よくわからない」としか答えられない。ただ手に取ってしまった理由ははっきりしている。サブタイトルが「違和感がかたちになるとき」だったからである。最近、違和感をやり過ごさないことが大切だと思うようになっている。違和感を抱えながら生きてきて、その違和感をドライブさせるとアートになる、という、過程に興味はあった。

その観点で言えば、全員、何らか興味を引かれる部分はあった。特に志賀理江子と高嶺格は面白かった。あと、三田村光土里は、もろに同世代感があって、わからないなりに理解できそうな気になれた。

<目次>
■まえがき
○いちむらみさこ 管理のスキマを表現の場にする
○遠藤一郎    未来へつなげていくひとつの媒体
○下道基行    風景が別の見え方になったとき
○三田村光土里  自分の美意識を信頼すること
○石川直樹    世界と対峙する主観を超えること
○志賀理江子   裏切られた身体と和解すること
○山川冬樹    個人と社会の共鳴ポイントを探る
○高嶺格     誰にも届く快感原則は何か
■あとがき