THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

文章論

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾


【読書】20歳の自分に受けさせたい文章講義/古賀史健

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

20歳の自分に受けさせたい文章講義/古賀史健




いままでも「文章読本」的な書籍は読んできました。数冊「これだ!」と思える本にも出会いました。ですから文章読本のような本はもう読まなくてもいい、それよりも他に読みたい本も読まなくてはいけない本もある、文章読本を読んでいる暇に書け、と思うようになっていました。

でもこの本は別でした。必要があって読んだといってもいいのですが、もっと早く読めばよかった、と思います。もっとも、さまざまな経験をした今だからこそ理解できたこともたくさんあったので、いいタイミングだったとも思っています。

学んだことは書ききれないほどありますが、その中でも三点、取り上げてみます。

〈目次〉
はじめに  「話せるのに書けない!」のはなぜか?
ガイダンス その気持ちを「翻訳」しよう
第1講   文章は「リズム」で決まる
第2講   構成は「眼」で考える
第3講   読者の「椅子」に座る
第4講   原稿に「ハサミ」を入れる
おわりに

続きを読む

【アーカイブ】書いて生きていく プロ文章論 / 上阪徹

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

書いて生きていく プロ文章論/上阪徹



2010年の年末に出た本で、評判が高い本でもあるので御存知方も多いと思います。 僕も、約1年前に購入して、積読になっていました(苦笑)今回、読んでみて、
「もっと早く読めば良かったじゃん」
と思ってしまいました(苦笑)

「プロの文章論」と題されていますが、あとがきに
『当初は「文章に関する技術論」を求めておられていたのですが、私の方からの勝手な提案に対して、このようは形の書籍にさせていただいたのでした』

とある通り、文章を書く技術論ではなく、心構えみたいなものが書かれています。

いえ、文章を書く上だけでなく、コミュニケーション、プロとして仕事への取り組み方の心得が書かれています。

<目次>
はじめに
第1章 その文章は誰が読む?
第2章 伝わる文章はここが違う
第3章 プロ文章家の心得
第4章 「話す」よりも「聞く」のが大事
第5章 プロの取材はこう行う
第6章 「書く仕事」のキャリア作り
第7章 「職業文章家」として生きる
おわりに

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索






QRコード
QRコード