にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

「学力」の経済学/中室牧子




昨年、話題を呼んだベストセラーです。いままであまり紹介されていない内容です。今までの教育論は、教育者などが自分の「信念」に基づいて書いたもの、あるいは信念に基づいて行った「自分の」活動から導き出した結論をもとに書かれたものがほとんどです。この本は違います。様々な調査(実験)を分析した、エビデンスベースで書かれています。それだけに、非常に興味深い知見を示してくれます。

僕は、ここで導き出されているある種の結論に、納得がいかない部分もあります。理由は後述します。しかし、だからと言ってこの本が価値がないというつもりはありません。それどころか、これからの教育を考える上で、考え方の道筋は大いに学ばなくてはいけない本でと思っています.

<目次>
はじめに
第1章 他人の成功体験はわが子にも活かせるのか?-データは個人の経験に勝る
第2章 子どもをご褒美で釣ってはいけないのか?-科学的根拠に基づく子育て
第3章  勉強は本当にそんなに大切なのか?-人生の成功に重要な非認知能力
第4章  少人数学級には効果があるのか?-エビデンスなき日本の教育政策
第5章  いい先生とはどんな先生なのか?-日本の教育に欠けている教員の「質」という概念
補論 なぜ、教育に実験が必要なのか
あとがき

続きを読む