にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗/加藤陽子



「謀略史観」
巷でそう呼ばれる歴史の見方があります。

今回紹介する本が扱う時代であればこんな見方です。

「日本は、コミンテルンに騙されて、中国大陸に侵攻し、アメリカとの戦争に巻き込まれた」
「アメリカは日本の暗号を解読し、真珠湾攻撃を予想していたのに、日本を卑怯者に仕立て上げ、国民の戦意高揚をはかるため、ルーズベルト大統領は警戒指示を出さなかった」

最近亡くなった渡部昇一先生や櫻井よしこ女史などが主張されていた類の考え方です。(むろん、逆の立場の人にもあって、東京裁判を貫く「共同謀議」の考え方は、陰謀史観以外の何者でもない、と僕は思っています)

こうした意見を聞くたびに、
「なんて失礼な奴らなんだろう」
と思ってきました。

昭和初期の日本の政治・軍事指導者は、そんなに簡単に騙されたり、暗号を傍受されていることに気づかなかったりするほど、愚か者だったのでしょうか。

組織で見るとさまざまな、しかも決定的な欠点があって、それが悲劇的な敗戦を迎える結果になったのだとは思います。しかし個々人で見た場合、それなりに優秀な人が多い。むろん、経験値からいって、幕末の志士や明治の元老と比べるとスケールは小さいです。しかし、ちゃんとした教育を受けたエリートたちであり、コロコロと騙されるような人たちとは思えません。

本書をじっくり読み解いていけば、こうした陰謀史観(陰謀論)が根拠のない妄想だとわかるはずです。それどころか、巷間言われている責任者以外に問題があった事案も多いことも見えてくるでしょう。

<目次>
1章 国家が歴史を書くとき、歴史が生まれるとき
2章 「選択」するとき、そこで何が起きているのか ――リットン報告書を読む
3章 軍事同盟とはなにか ――20日間で結ばれた日独伊三国軍事同盟
4章 日本人が戦争を選んだのはなぜか ――日米交渉から見える痕跡と厚み
講義のおわりに 敗戦と憲法

続きを読む