にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく/堀江貴文




(2013年12月24日記)
今年の日本プロ野球は、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になりました。多くの感動を残して。僕自身、野球を、日本シリーズをこんなに真剣に見たのはいつ以来だろう?と思いながら観戦していました。

そしてゴールデンイーグルスの日本一が決まった時、ふっと思ったのです。
「いま、この優勝に感動している人は、多少でも堀江さんに感謝しないといけないな」と。
2004年、彼が近鉄バファローズの買収に名乗りを上げなければ、いまごろ日本プロ野球は、1リーグ・8球団になっていただろうし、もちろん仙台に球団が生まれるなんてことはあり得なかったと思ったからです。

そう思ったら、この本を素直に読んでみようという気持ちになりました。編集の方々の豪華さもあり、発売前から話題になっていたのはわかっていましたが、そのため逆に、どうも話題の乗せられているような気がして素直に手に取ることができなかったのです。

僕はもともと堀江さんにそれほど悪い感情を持っていたわけではありません。根は良い人、普通の人だと思っていました。ただ、どうしてこの人はこれほど「偽悪的」に振る舞うのだろう、という疑問を常に持っていました。この本を読めばその疑問も解けるかもしれない、そう思って読み始めました。

<目次>
第0章 それでも僕は働きたい
第1章 働きなさい、と母は言った──仕事との出会い
第2章 仕事を選び、自分を選ぶ──迷い、そして選択
第3章 カネのために働くのか?──「もらう」から「稼ぐ」へ
第4章 自立の先にあるつながり──孤独と向き合う強さ
第5章 僕が働くほんとうの理由──未来には希望しかない
おわりに 

続きを読む