にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

あの同族企業はなぜすごい/中沢 康彦



「同族企業」にマイナスのイメージを持つ人はまだ多いのでしょうか。

僕の知っている会社(誰が見ても同族企業に見える)には、親族全体の持ち株数を50%以下にしたり取引先に株をもってもらったりして、株を分散させて同族ではない体裁にしている会社もあります。社内からは「同族経営は時代遅れだから脱却すべきだ」との声も一部に上がっているそうです。

企業は公的な存在だから同族で支配をしてはダメだとの考えが広まっていた時代はありました。また、メディアで同族企業が取り上げられる場合、創業家内の骨肉の争いなどのスキャンダル的なものになりがちで、イメージが悪くなってきた経緯もあると思います。
しかし、企業経営の実態を知れば知るほど、同族経営が言われているほど悪いと思えなくなりました。逆に、株式を上場しているがゆえに、本当の意味での成長を阻害されていることもあるのではないか、とも思います。

<目次>
第1章 同族経営は激しい―家族対立も企業成長の原動力
第2章 世代交代はもろ刃の剣―次の成長の好機か消滅への道か
第3章 後継者難の時代、家業を継ぐ哲学―個人の夢と家への思い
第4章 これからの老舗マネジメント―続いてきた、だけでは続かない時代
第5章 脱同族という選択―「その先」にあるものを求めて
第6章 知られざる「もう一つの主役」日本経済に深く根を張る同族経営
第7章 ビッグデータで初検証「同族経営のメカニズム」
第8章 同族だから起きる課題をアカデミズムで斬る

続きを読む