にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

やりがいから考える自分らしい働き方/矢島里佳




文化が経済を育て、経済が文化を育む。(p149)

文化と経済は、対立関係で見られることが多いと思います。文化は経済に役立たない。余暇やレジャーに過ぎないと考える人もいます。

しかし本当にそうでしょうか? 僕は違うと思います。

文化は人の心を豊かにすることによって、社会をよりよく回すために役立つという役割があります。しかしそれだけでなく、経済と結びつき、直接的に経済を発展させてきた面もあるのです。

たとえば、茶碗。経済合理的に考えれば、液体が飲めればいいわけですが、それに適した形をしていればいいわけです。しかし、茶道という文化の中でさまざまなデザインの茶碗が生まれます。それは文化を彩るばかりでなく、それを生産する職人が生まれ、原料を掘り出す人も必要になり、産業になります。もちろん、それを好んで買う人がいて、経済がまわるようになっていきます。

こうした例は、枚挙にいとまがありません。

本書の著者である矢島里香さんは、22歳で「株式会社和える」を起業しました。日本の伝統産業を活かした子供向け商品を製造・販売する会社です。現在7年目を迎え、着実な成長を遂げています。「和える」とは、「和え物」の和える。混ぜるではなく和える、です。混ぜるが互いの形を残すことなく一つになることだとすれば、和えるは互いの形も残しながら、互いの魅力を引き出し合いつつ一つになることを意味しています。

だから、冒頭の言葉は、矢島さんらしいと思ったのでした。

<目次>
第1章 現代の日本は、やりがいを持って働きづらい?
第2章 自分らしく働くためのヒント
第3章 これからの豊かな社会を考える


続きを読む