にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


和田裕美の性格がよくなるメールの書き方―知らないうちに相手をカチンとさせていませんか?



和田裕美さんの大人気セミナー、(2013年7月時点)
「人に好かれる書き方講座」
の書籍化ともいえる本です。

この本も、もともとこのタイトルが予定されていたと聞いています。ですから「メールの書き方」と題されていますが、そのためのだけのスキルやノウハウが書かれたものではありません。

現在ではメールがあらゆる場面で使われるので(ビジネスもプライベートも)そこにフォーカスしているのであって、読者を想定した文章(ほとんどの文章はそうでしょう)であれば参考になることがたくさんあると思います。

僕はこの講座を3回受講してします。2009年4月、2011年7月、2012年12月、と。 (2011年に受講した時の感想はブログに書いています。
【セミナー】和田裕美の人に好かれる書き方講座

これだけ受講しているので、この本を読んで「おお!そうなのか!!」と思うような目新しいことはありません。あったら講座でなにを学んできたんだ!っていう話です(苦笑) でも、読み進めると「このことはできてないなあ」と思う点にいくつもぶつかりました。 たぶん、はじめて触れられる方は「目から鱗が落ちる」ような箇所がきっとあるとおもいます。

「ウォーミングアップの章」に「人から嫌われる文章の特徴」が挙げられています。
■強引
■自分の都合ばかり
■自慢ばかり
■捨てゼリフ系
■ネガティブ表現
■事務的すぎる
■言い訳が多い
■思いやりがない、ねぎらいがない
■責めている
■いじわるな感情
■ちょっとバカにしている

こういうメールをもらったことがある!という人も多いのではないでしょうか。そしてそのことを相手に指摘することなく、スルーしたり事務的な返信で済ませたりしているんではないかと思います。
僕はそうです。
ということは逆に考えると、自分自身もこんなメールを送り付けて、誰からも指摘されることなくいるのではないか、と怖くなります。

「あの時のメールは捨てゼリフ系だった」「あの謝罪文は言い訳が多かった」
いま考えるとそう思うメールがざくざくと思い浮かびます。

「私も怖くなった」というあなた、この本を読んだほうがいいですよ(笑)

<目次>
はじめに
ウォーミングアップの章
第1章 ポジション・ライティングー自分と相手の「立ち位置」を意識しながら書く
第2章 マップ・ライティングー「いったい何が言いたいの?」とは言わせない
第3章 IEバランスー情報(I)と感情(E)のバランスを取る
第4章 シンパシー・ライティングー共感で相手により深く伝える
第5章 ACTライティングー賞賛、思いやり、感謝の気持ちを込める
第6章 ファジー・ライティングー「断定」より「曖昧」がいい?
第7章 モチベーション・ライティングー相手に諦めの気持ちを抱かせない文章
第8章 ハナシカキ言葉ーため口パワーで相手の心をつかむ
まとめの章ー「陽転思考」と「性格がよくなる文章」の関係
おわりに


続きを読む