THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

マザーハウス

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■姉妹ブログ
企業内診断士として』 不定期更新中
■noteもやってます。
『 h_chugun 』
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【過去の執筆】「多様性が共存できる社会を目指して」~『企業診断』2015年6月号 (株)マザーハウス 山崎大祐副社長 取材記事~

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

(2015年5月31日付、「企業内診断士として:【雑記】『企業診断』6月号に執筆しました~(株)マザーハウス 山崎大祐副社長 取材記事」に加筆したものです)

『企業診断』 2015年6月号
の「FOCUS―情熱と冷静と―」というコーナーで執筆させていただきました。


マザーハウスの山崎副社長を取材させていただき、記事にまとめたものです。

6企業診断


続きを読む

【読書】自分思考 /山口絵理子

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

自分思考 (講談社+α文庫)/山口絵理子



「途上国から世界に通用するブランドをつくる」

著者の山口絵理子さんが代表を務める(株)マザーハウスの企業理念・ミッションです。2006年3月9日に設立して、現在11年目を迎えています。

設立当初は、バングラデシュでバッグを製造して、日本で販売していました。現在はそれに加え、ネパールでストールを、2016年からはインドネシアやスリランカでジュエリーを製造して、販売店は日本のみならず、台湾や香港に出店しています。

途上国で製造をすることがどれだけ大変か、少し想像力を働かせてみればわかると思います。ましてバングラデシュは2006年以前、アジア最貧国といわれていました。ネパールはいまでも頻繁に停電が起きる国です。多くの困難を乗り越えて現在の状況にたどり着きました。そしてそこに留まることなく、新しく進出した国で新たなアイテムの製造を開始しています。

その行動力はどこから生まれて来るのか。この本を読むと、彼女の考えていること、思考癖のようなものがわかってきます。

<目次>
第1章 みつける
第2章 一歩踏み出してみる
第3章 続けてみる

続きを読む

【読書】輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ/山口絵理子

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ/山口絵理子


 
「柔らかくなってるなあ」
読後、最初に思ったことでした。丸くなった、のほうが適切かもしれません。

著者の山口絵理子さんは、株式会社マザーハウスの代表取締役社長兼デザイナーをされています。マザーハウスは
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」 
という理念のもと、バングラデシュでバッグを、ネパールではストールを生産し、直営販売店舗は日本のみならず、台湾、香港にも広がっています(これを書いている時点で28店舗)。

山口さん自身の歩みを綴った『裸でも生きる』シリーズは、今回で3作目になります。

2007年に出版された第1作『裸でも生きる ~25歳女性起業家の号泣戦記~ 』は、バングラデシュで起業するまでの道のりが、2009年刊行の『裸でも生きる2 Keep Walking 私は歩き続ける』では、バングラデシュでの紆余曲折の末の成長と、ネパールへ進出していく過程が描かれています。

そこで感じたのは「ヒリヒリするような熱さ」でした。誰もやったことがないビジネスモデル。成功するはずがない、誰に聞いてもそう言われたそうです。そんな中、道なき道を切り開いていこうとする情熱だけで進んでいました。仲間もまだ少なかった。特に生産にかかわることはほとんど山口さん自身がされていたのでしょう。 「発注数を決めるのも、素材調達するのも、検品仕様書を作るの自分でやっていた」 と言っていたことがありました。だからこそ、見えない何かに立ち向かっていく、尖ったものを感じました。

今回、7年ぶりに上梓されたPART3『輝ける場所を探して 裸でも生きる3 ダッカからジョグジャ、そしてコロンボへ』からはそんな「ヒリヒリ感」や尖った感じは受けませんでした。劇的な大事件も起きません。それが冒頭の感想につながっています。
 
<目次>
プロローグ 「裸でも生きる」とは?
第1章 ユドヨノ大統領に意見する
第2章 冒険の入り口はアリババから
第3章 職人さんはどこにいる?
第4章 シルバー村の銀職人・ワリヨさん
第5章 この村の人たちは、もっとできる!
第6章 金職人・ムギさんと王様の冠
第7章 わずか1センチの奇跡が起きた!
第8章 よみがえる彼らのプライド
第9章 日本チームへバトンタッチ
第10章 バングラデシュのみんなに会いたい
第11章 冷房が苦手なムギさん、日本上陸
第12章 スリランカは石の宝島
第13章 採掘場の強面おじさん
第14章 ジュエリーのフラッグシップショップ誕生!

続きを読む

【読書】やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力/迫俊亮

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


やる気を引き出し、人を動かす リーダーの現場力/迫俊亮



コミットメント。これを僕なりに定義するなら、「本気度と覚悟を周りに示すこと」だ。P98

ミスターミニットをご存知でしょうか。駅の改札を出たところや百貨店の一画などに小さな店舗を構え、靴修理や合カギ作成などをしている会社です。名前は知らないけど使ったことがないなどはあるでしょうが、店舗を目にしている人は多いと思います。
著者の迫俊亮さんはその会社の社長です。

29歳の若さで社長に就任。過去10年間、業績は右肩下がりだった会社を3年間で劇的に変えました。その秘訣が書かれているわけですが、なにかものすごい秘策を講じたわけではありません。読んでみればわかりますが、目を見張るような戦略があったわけでもないのです。

では、なぜそれが可能だったのか。帯には
「戦略よりロジックよりも、大切なものがある」
と書かれています。

僕が感じたのは、迫さん自身が、その大切なものを実行することを本当にコミットメントしたからだ、ということです。

〈目次〉
第1章 10年連続右肩下がり」の会社では 何が起こっていたのか?
第2章 信頼度ゼロからでもリーダーシップを築く方法
第3章 やる気と向上心を引き出す「人事」をつくる
第4章 社員の能力を100%引き出す 「組織・インセンティブ・会議」をつくる
第5章 人を動かし、未来を紡ぐ「ビジョン」をつくる

続きを読む

【セミナー】マザーハウスカレッジ~創業1年で広がる家電ベンチャーUPQ。モノづくりにかける情熱と思い

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

久しぶりにマザーハウスカレッジに参加しました。他の勉強会やセミナーは参加しなくても、ここだけは! と思っているのですが、今年は全然日程が合わなくて、2016年初参加が8月になってしまいました。

今回のゲストは、株式会社UPQ代表取締役社長の中澤優子さん。一人で家電メーカー(メーカーですよ)を立ち上げ、1年で全8カテゴリ、37種、59製品をリリースしました。量販店での販売も順調で、最近は多くのメディアにも取り上げられている方です。
(株)UPQのHP

1月のマザーハウスカレッジにもゲストで来られていましたが今回はある事情から急遽(*)決まった特別篇でした。1月に参加できなかった僕は、万難を排して参加しました。

写真 2 (1)

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索






QRコード
QRコード