にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む/慎 泰俊



*元記事は、2011年12月5日にアメブロに書いたものです。

著者の慎泰俊さんは金融系企業に勤めるビジネスパーソンです。
早稲田大学大学院ファイナンス研究科を修了されていて、僕が大好きな
■15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?/


の著者でもあります。

と同時に、NPO法人「Living in Peace(LIP)」の代表をされています。
(当時。現在は起業をされたのを期に代表を後任の方に譲られています。むろん、現在もかかわりは持たれています)
*LIP・・・国内では主に児童養護施設向けの教育環境改善、進学支援などを行っているNPO法人
Living in PeaceのHP

この本は慎さんのNPOの活動の面について書かれています。

【目次】
第1部 体験
1 仕事をしながら社会を変えよう
2 日本の「子どもの貧困」
3 児童養護施設に住み込みをしてみた
4 現場から見えてきたこと
第2部 分析
5 五人の子どもの物語
6 背景にあるものは何か
7 虐待を受けた子どもの特徴
8 施設はどう運営されているのか
9 ハードな仕事をこなす職員たち
10 施設内虐待の悲劇を防げ
第3部 行動
11 僕たちにできること
12 実践・パートタイムの社会貢献

続きを読む