にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

五感経営 産廃会社の娘、逆転を語る/ 石坂典子

 

「謙虚な心、前向きな姿勢、そして努力と奉仕」

このフレーズは、著者の石坂典子さんが代表取締役社長を務める石坂産業株式会社の企業理念です。典子さんが社長に就任するとき、創業者であるお父様にお願いをして決めてもらったそうです。

そして現在、ホームページの「理念」にはこう書かれています。

私たち石坂産業株式会社は、循環型社会のために
産業廃棄物処理はどうあるべきかを考え、みずから行動していきます。
石坂産業HPより)

この理念に従い、業界屈指の「減量化・再資源化率95%」を達成しています(業界平均は80%)。父子で取り組んだ大規模なプラント投資によってこの数字は可能になりました。

また、周辺の不法投棄廃棄物を片付け、生物多様性ゆたかな森づくりを進めています。敷地面積の約87%を、緑地帯と環境施設対策のために使っているのです。それは「里山環境教育フィールド 三富今昔村」の開村へとつながりました。

しかし、三富今昔村はすぐに利益にむずびつくものではありません。それどころか、現在は完全に持ち出しの状況です。

利益にならないことになぜ取り組んでいるのか? その秘密は本書を読んでいけばわかってくるはずです。

石坂産業2


<目次>
はじめに
プロローグ ―― ジャンヌ・ダルクがやんちゃだったころ
第1章【CSV編】グローバルに考え、ローカルに行動する
第2章【リーダーシップ編】しつこいトップダウンに始まり、おおらかなボトムアップに至る
第3章【競争戦略編】値決めは経営。安売りは断固、拒否します!
第4章【人材教育編】「自分で考える」のは面倒くさい? 仕事の醍醐味を伝える
第5章【キャリアアップ編】「社長=父」、この繊細にして偉大な上司の生かし方
第6章【ワークライフバランス編】バツイチのワーキングマザーが、心の安らぎを取り戻すまで
第7章【コミュニケーション編】社長業は、社員とのあいさつ一つから真剣勝負
エピローグ ―― 笑われてもなお、夢を描き続ける

続きを読む