にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

小泉今日子はなぜいつも旬なのか/助川幸逸郎



小泉今日子と僕は同い年である。彼女は早生まれ(2月)だから生まれた年は違うが、学年は同じだ。つまり50歳を迎えた。

若いころから彼女のファンだった。ただ、特別に意識をし始めたのは40歳を超えたころだと思う。40歳を迎えるのが楽しみだった、という彼女の言葉が引っかかった。普通、不安に思うでしょ。それも男よりも女の方が。強がりを言っているようにも見えなかった。それがなぜなのか、自分が歳をとっていくことへの漠然とした不安と重ね合わせながら、理由を知りたいと思った。

それから10年、理由を明確な言葉にすることはできないけれど、自分も50歳になるのは嫌ではなかった。先が見え始めたからこそ、楽しめることがある。そんな気がしている。

そう思えた理由はいくつかあるが、KYON2の影響も間違えなくある。この本を読むと、それを言語化できるかもしれない、という想いで手に取った。

〈目次〉
はじめに――小泉今日子の「謎」はどこにあるのか
第1章 小泉今日子が“女の子"に支持された理由
第2章 小泉今日子とオリーブ少女と森ガール
第3章 もしも『なんてったってアイドル』を松田聖子が歌っていたら
第4章 バブル時代の小泉今日子は過剰に異常だったか
第5章 『あなたに会えてよかった』の「あなた」は誰か
第6章 「マウンティング」しないからアンチが少ない
第7章 小泉今日子にとっての「結婚」と「離婚」
第8章 小泉今日子はいかにして「36歳の危機」を乗り越えたか
第9章 美魔女はなぜ小泉今日子を目指さないのか?
第10章 小泉今日子はなぜ「負け犬」のイメージがないのか
第11章 「本当の自分」を探さない小泉今日子の強さ
第12章 「あまちゃん」のブレイクに小泉今日子が果たした役割とは
まとめ――小泉今日子に学ぶ7ヵ条

続きを読む