THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

ショート・レビュー

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【読書】探してるものはそう遠くはないのかもしれない/新井見枝香

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

探してるものはそう遠くはないのかもしれない/新井見枝香



和田裕美さんが書いた(現時点で)唯一の小説が『ママの人生』です。

刊行された当時、いくつか出版記念イベントがありました。その一つ、三省堂池袋本店で行われたトークイベントを企画したのが、この本の著者の新井さんです。

そのときまで、新井さんのことは存じ上げませんでした。でも、どうも面白い活動をされているらしいと耳に入ってきましたし、和田さんのイベントそのものが面白かったので、どんな方なのか、調べてみました。面白い活動なんてものではありませんでした。

新井さんが好きな作家をゲストに迎えて、打合せ一切なしのトークを繰り広げる「新井ナイト」。この半年で、いちばんおもしろかった本を新井さんがたった一人で選び、勝手に表彰する「新井賞」。これは、芥川賞・直木賞と同じ日に発表されます。

両方とも、三省堂書店名物イベントになっています。

完全に、枠からはみ出て仕事をされているんだ、と思いました。

<目次>
#01 会社に向いてない
#02 結婚に向いてない
#03 大人に向いてない
#04 たまには向いてることもある
#05 生きるのに向いてない

続きを読む

【読書】小泉放談/小泉今日子と25名の素敵な先輩たち

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

小泉放談



50歳を目前にした小泉今日子が、すでに50歳を超えている人生の先輩たちと対談をした雑誌『GLOW』連載の書籍化。2015年10月号から2018年1月号まで。連載が終わる時には50歳を超え、52歳を迎える寸前になっています。

キョンキョンが「50歳になったら……」という発言を繰り返していたことには気づいていました。「後回しにしていたことを少しずつ片づけていこう」と言っていました。

本書の中で、「うっすらとしか叶えていない」と書いています。本人の中ではそうなのかもしれません。しかし50歳からの2年間、自分の会社を作り、舞台の演出・プロデュースも手掛け、事務所(芸能界のドンと噂される「バーニング」)を辞め、と僕から見るとちゃんと動いているじゃないか、思えます。

それでもなお、「性根を叩きなおしてもらおうと、25名の素敵な先輩と対談をした」と書いています。有名無名の違いはあれど、すごいメンバーがそろっています。人によって好みはあるでしょうけど(笑)
続きを読む

【記録】『小倉昌男 経営学』に匹敵する名著に出会う~2017年7月に読んだ本

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

7月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1118
ナイス数:4

<ブログで紹介していない書籍>

わかる仏教史 (角川ソフィア文庫) の感想
インドでの仏教発祥から、チベット、中国を経て日本への流れが一通りわかる。 ただし断言しますが「入門書」ではない。記述の6割はインド仏教の歴史で、中国・日本仏教の記述は少ない。そして、気持ちがいいくらい大乗仏教、特に「空」の理論を確立した龍樹をぶった切っている。
その評価は傾聴に値すると感じたけれど、通説とあまりに違うので、通説を知らないまま読むのは危険だと思う。比較して自分なりの考えが持てるようになってから読むべきだろう。また日本仏教史を知りたいなら他に適した本がたくさんある。 その上で言うと、とてつもなくも面白くて刺激的な内容です。
読了日:07月16日 著者:宮元 啓一



チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか の感想
もっと早く読んでおけばよかった。
「働き方改革」が叫ばれる中、自由な働き方を実践している企業として取り上げられることが多いサイボウズ。社長である青野さんが、自社の取り組みを事例として紹介しながら、その施策ができた背景、そしてさらにその裏にある自らの理想、信念について書いている。
外から見て理想的に思えるサイボウズの働き方は福利厚生でなければ社員を甘やかすためのものでもない。サイボウズが掲げる理想を現実するために必要だから実施しているのだ。
だからこの本は人事制度の本ではない。組織マネジメントの本である。
読了日:07月15日 著者:青野 慶久
<参考記事>■「働き方改革」を矮小化させないために~サイボウズから本当に学ぶこと(中郡久雄 中小企業診断士) : シェアーズカフェ・オンライン

続きを読む

【読書】ブータン、これでいいのだ/御手洗瑞子

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

ブータン、これでいいのだ/御手洗瑞子



気仙沼ニッティングの御手洗瑞子さんが、それ以前、ブータンの政府フェローとしてあたらいていたとき、現地で書き綴ったものです。

「幸福の国」といわれるブータンは、実はリアルな問題を抱えた、現実の発展途上国だということが伝わってきます。我々が勝手にイメージしている像は、我々自身の中にある郷愁が生み出したものに過ぎないこともわかるでしょう。

にもかかわらず、ブータン人、ブータン王国という組織から学ぶものは多いと思います。

幸せに対する考え方、コミュニティのあり方など、同じ大乗仏教を根底におくもの同士、共有できるはずです。

そして、あきらかに心情的にはブータンに加担しながら、客観的な視点を失わずブータンを描く御手洗さんの筆力も素晴らしい。

続きを読む

【読書】インタビュー術!!/永江朗

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

インタビュー術! /永江朗



2002年出版です。インタビューの入門書としては古典の部類に入ってくるでしょう。
もともそ「インタビュー入門」がそれほど多く出版されていないですから、「インタビュー及びインタビュー記事を書く」について学ぼうと思うなら、この本も手に取ることをお奨めします。

<目次>
第1章 インタビューに出掛ける前に
(1)インタビューって何だろう
(2)インタビューの準備
第2章 インタビューに行く 話の聞き方、まとめ方
(1)話をどう聞くか
(2)インタビューをまとめる
第3章 インタビューはこう読め

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード