THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

アメブロから転載

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【書評】働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む/慎泰俊

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

働きながら、社会を変える。――ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む/慎 泰俊



*元記事は、2011年12月5日にアメブロに書いたものです。

著者の慎泰俊さんは金融系企業に勤めるビジネスパーソンです。
早稲田大学大学院ファイナンス研究科を修了されていて、僕が大好きな
■15歳からのファイナンス理論入門―桃太郎はなぜ、犬、猿、キジを仲間にしたのか?/


の著者でもあります。

と同時に、NPO法人「Living in Peace(LIP)」の代表をされています。
(当時。現在は起業をされたのを期に代表を後任の方に譲られています。むろん、現在もかかわりは持たれています)
*LIP・・・国内では主に児童養護施設向けの教育環境改善、進学支援などを行っているNPO法人
Living in PeaceのHP

この本は慎さんのNPOの活動の面について書かれています。

【目次】
第1部 体験
1 仕事をしながら社会を変えよう
2 日本の「子どもの貧困」
3 児童養護施設に住み込みをしてみた
4 現場から見えてきたこと
第2部 分析
5 五人の子どもの物語
6 背景にあるものは何か
7 虐待を受けた子どもの特徴
8 施設はどう運営されているのか
9 ハードな仕事をこなす職員たち
10 施設内虐待の悲劇を防げ
第3部 行動
11 僕たちにできること
12 実践・パートタイムの社会貢献

続きを読む

【再読】福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出/小倉昌男

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出


(2014年7月11日付『【読書】福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出/小倉昌男』に加筆・修正したものです)

著者紹介はするまでもないと思います。ヤマト運輸の社長・会長を歴任された、故小倉昌男さんのご著書です。2003年10月が初版ですから、いまから11年前の本ということになります。

ヤマト運輸の会長を退任後、ヤマト福祉財団を設立されました。そこで行われてきた、障害者就労施設の施設長や職員向け「経営パワーアップセミナー」の内容を中心にまとめられています。

<目次>
第1章 障害者の自立を目指そう!私の福祉革命
第2章 福祉を変える経済学
第3章 福祉を変える経営学
第4章 先進共同作業所の経営に学ぼう

続きを読む

【再読】なぜ、川崎モデルは成功したのか?/藤沢久美

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

なぜ、川崎モデルは成功したのか?/藤沢久美



(2014年7月21日付『【読書】なぜ、川崎モデルは成功したのか?/藤沢久美』 に加筆修正したものです。)

サブタイトルは『中小企業支援にイノベーションを起こした川崎市役所』。
川崎市役所を中心に、川崎市で行われている中小企業支援について書かれています。

<目次>
プロローグ 川崎モデルについて
第1章 川崎モデルの誕生までの歩み―工都・川崎市の空洞化
第2章 成功例で見る川崎モデル―成功の鍵は「癒着ではなく密着」
第3章 川崎モデルの営業スタイル―企業の強みを見える化する方法
第4章 川崎モデルのチームづくり―大企業・銀行・大学・中小企業・役所
第5章 イノベーションを生む川崎モデル―オープン・イノベーションの実現
エピローグ 川崎市のさらなる進化

続きを読む

【再読】和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳



(2015年2月12日付け『【読書】和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳』に加筆修正したものです)

25歳といえば、僕は社会人1年生でした。世の雰囲気はまだまだバブル、何も考えずに就職し、嫌々与えられた仕事をしていた時期です。

その25歳で、ミッションを持って起業し3年目を迎え、ますます成長を続ける女性社長がいました。矢島里佳さん。その人が書いた本です。

<目次>
第1章 伝統産業に恋して
第2章 大学時代に「和える」を立ち上げるまで
第3章 「和える」最大の危機
第4章 常識はずれの「和える」のやり方
第5章 「和える」流 二一世紀の経営スタイル


会社名は「和える」。子どもたちのための日用品を日本の伝統工芸の職人方と共につくり販売している会社です。

社名の由来にもなっているミッションは、こういうことだと思います。

私がやりたいことは、日本の良き先人たちの知恵と、今を生きる私たちの感性を「和える」こと。自国の伝統を活かしながら、新たな伝統を生み出したい。(p195)

僕は和えるのロゴがかなり好きです。
こんなデザインです。

001
続きを読む

【再読】考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」―/秋山ゆかり

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」―/秋山ゆかり


(2013年12月7日付、『【読書】考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」―/秋山ゆかり』を加筆・修正したものです)

 タイトルに「グローバル・キャリア」と入っていますが、グローバルかどうかとは関係なく、キャリア一般を考えるために役立ちます。そもそも著者は

「私は日本のために、日本で仕事がしたい」(p40)

という理由で海外転勤をことわり会社を辞めて独立された方です。「グローバル」を過度に意識して読まないほうがいいと思います。

また帯に「インテル→BCG→GE→日本IBM」という社歴も書かれていますが、ここでも「私には関係ない」と思わないほうがいいです。この社歴は結果論。試行錯誤・紆余曲折を経てこうした輝かしいキャリアを積まれていますが、この本に書かれていることはその過程での悪戦苦闘、もがきながら手に入れたノウハウです。どんな人にも役立つと思います。

<目次>
序章  私のキャリア奮闘の軌跡
第1章 選択肢を生み出す力
第2章 成果が出る勉強力
第3章 危険からリカバる力
第4章 結果が出せる現場力
第5章 未来を創る進化力

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード