THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

2016年10月

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■姉妹ブログ
企業内診断士として』 不定期更新中
■noteもやってます。
『 h_chugun 』
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【勉強会】第91回八丁堀・まなび塾『手帳に描く!夢を叶える簡単イラスト術』

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

第91位回です。
2009年4月から月1回の開催をコツコツ続けてきた「八丁堀・まなび塾」。今回、2016年10月19日の開催で91回目を迎えました。

もともと早稲田大学オープンカレッジ八丁堀校で「ゆっくり学ぶロジカルシンキング」の講座を受講していたメンバーが修了後も集まる場として結成しました。(だからここまで続くなんて想定していなかった)

仲間内で、お互いに自分がしゃべれることを発表しあう場、というコンセプトで始めました。参加者をオープンにしてからもそのコンセプトは変えていません。素人、とまでは言わないですけど、プロでない人が登壇することに変わりはないのです。

しかし、ときどきそのレベルを超えた方が登壇してくれます。今回もそのパターンでした。

講師をしていただいた渡川修一さんは、勤め人をしながら数多くの映画製作ワークショップを開催されてきた方です。著書も出されています。

1人でできる!3日で完成!事例で学ぶ1分間PR動画ラクラク作成ハンドブック

続きを読む

【セミナー】考えることを深化させる~『「ウレフェス2016」ー ホンモノの「営業」を学べる1日』を受講して

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

10月15日、(東京都中小企業診断士協会秋大会をさぼって)、和田裕美事務所主催の「『ウレフェス2016』ー ホンモノの『営業』を学べる1日」というセミナーを受講してきました。

昨年、「営業マンフェス」として開催されたセミナーの進化形です。(案内に「営業マンフェス第二弾」と書いてあります)。
そのときの感想はこちら⇒ 【セミナー】人生で大切なことは営業が教えてくれる~「営業マンフェス2015」に参加しました

「営業マンフェス」というくらいですから、営業の話がメインです。どうすれば売れるようになるのか、がメインテーマと言っていい。ただ売るものは人によって違います。モノやサービスばかりが売り物ではありません。僕ら士業なんて売り物が「自分自身」ですから。だから、営業職でない人も多く受講していたように思います。

午前は、メルマガ「平成進化論」で著名な鮒谷周史さんの「営業をパラダイム転換する!」。
午後は、加藤昌治さんの「アイデアを出すミニワークショップ」、それに続いて、和田裕美さんの「ファンを作り、与えて、成功する営業の秘訣」、その後、鮒谷さんと和田さんの対談というカリキュラムでした。

〈登壇された方のご著書1〉
『仕事は、かけ算。~20倍速で自分を成長させる』/鮒谷周史
『考具 ―考えるための道具、持っていますか?』/加藤昌治
『成約率98%の秘訣』/和田裕美
続きを読む

【アーカイブ】 茶の本/岡倉天心 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

茶の本 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ)



『東洋の理想(The Ideals of the East-with special reference to the art of Japan)』
『日本の覚醒(The Awakening of Japan)』
『茶の本(THE BOOK OF TEA)』


岡倉天心が生前、発表した著作です。天心三部作。すべて英文で書かれています。
3冊並べればわかると思いますが、亜細亜文化、日本文化に関する内容が書かれています。『茶の本』はけっして茶道についての本ではありません。日本文化は「茶」に集約される、と天心はいいます。「茶」は象徴であって、本質は日本文化論になっています。

天心は江戸時代末期に、すでに開港していた横浜で生まれ育ちました。幼少のころから英語に親しみます。後年、
「俺はアメリカ人より英語がうまい。アメリカ人よりアメリカの歴史を、社会を知っている」
と豪語したそうですが(実際にそれだけの語学力もあり、博学でもありました)そんな天心が、英語で亜細亜文化、日本文化を世界に発信しようとしたのが一連の著作であり、その集大成が『茶の本』だと言えると、僕は考えています。

<目次>
第1章 茶碗に込めた人間力
第2章 茶の流派
第3章 道教と禅
第4章 茶室
第5章 芸術の鑑賞
第6章 花
第7章 茶人たち

続きを読む

【雑記】人生を劇的に変える自己啓発とは

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


「人生が劇的に変わる」
と謳う自己啓発セミナーを見かけます。

確かに変わった人を何人か知っているので、全部が全部、インチキだの嘘っぱちだのというつもりはありません。だけど、やっぱり大半は、胡散臭さをぬぐえません。特に「性格改造」ができると言っているセミナーはまったく信用していません。

人が持って生まれた性格、幼少のころに育んだ性格はそう簡単には変わるはずがありません。無理やり変えようとすれば、精神に変調をきたす恐れすらあると思います。
続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索






QRコード
QRコード