にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


「自分のために頑張る奴はアマチュア、他人を喜ばせたり楽しませたりするために自分を活かすのがプロフェッショナル」
だと僕は思っています。年末、藤野英人さんのFacebookの投稿をみて、あらためて確信したことです。

ポイントは「自分を活かす」。自分を殺して、滅私奉公で他人を喜ばせるのではなく、自分の得意なこと、好きなこと、やりたいことを使って他人を楽しませることが大切だと思っています。

ただし、好きなこと、やりたいことにはもれなく苦手なこと、やりたくないことがついてくる、とも思います。具体例は挙げないですけど(笑)

だから、苦手なことからも逃げないようにしたい。あえて苦手に飛び込むかどうかはわかりませんが(たぶんしない)、やるべき状況が目の前にあるなら、それは逃げないようにしたい。というか、この場合、逃げ道は前方にしかないので、逃げるために突破を図りたいと思います。
それに、「やったことがないことをできないと言うな」と教えられてきたので、まずはやってみる。ダメならそのとき考える、命までは取られないから。(命が取られそうなチャレンジは、よほどのことがない限り、全力で後方に逃げますが)

具体的になにをするつもりかは書きません。ざっくりとは考えていますが、途中で変わることもあるので。いいえ、変わります、必ず。でも、決められてレールの上を走るより、明日が見えないことの方がわくわくする、ということもあるので、それを楽しみながらやっていこうと思います。

少なくともいえること。ひとつはコンサルティング能力の向上を目指す。そのための何が役立つかを考えて、取捨選択しながらやることを決めていこうと思います。

もうひとつは、診断士の枠を超えたところで執筆をしていくこと。診断士コミュニティの中だけで書いていくことに留まらず、もっと広い世界で勝負がしたい。内輪の世界で満足したくないと本気で思っています。ここは絶対チャレンジしたい。


あと、プライベートでは、月に1本は映画館に足を運ぶ。去年は2本しか観てないですからね(苦笑) 芝居は去年が3本なんで、最低4本は。できれば6本は観たい。

それともっと旅に出たいと思います。山口絵理子さんが「成長と移動距離は比例する」と言っているらしいので(笑) 「現場」を大切に動こうと思います。

総じて去年までもざっくりとした目標は変わらないです。
「継続・展開・前へ」
というキャッチは変わらないですね。

ただ、いままで以上に新しいことにチャレンジしていこうと思います。NEXTを忘れてしまえば、意味がない。

他人のチャレンジに刺激を受けながら、自分のチャレンジし続ける姿勢を忘れないようにします。それが「前へ」の意味なはずですから。明大OBとして、外してはいけないモットーですから。

*そして、中小企業診断士としての目標は⇒2018年になにをするのか(中小企業診断士編)


前へ