にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

年頭に「今年やりたいこと(目標・願望)」を100個くらい書いています。年末にできなかったことを消しています。108個、できなかったことを書いて、それを線を引いて消していくという「煩悩消し」というやり方があるのんですが、その変形です。

今年はできないことだらけだったなあと思いながら消していったのですが、100個くらいのうち24個はできた、または取り組み始めたものですした。思ったより多い(笑)

30個できればいいほうとも言われるので、まあ悪くはなかったのかなと思います。
ただ、「できたこと」はたいしたことではないものばかりです。たいしたことないというのは「挑戦」ではないということ。
たとえば「陽転エデュケーター講座をリピート受講する」なんて、年頭の時点で申し込みも支払いも済んでいました。「○○研究会に参加する」も、手をあげれば済む話で、参加して何かをしたわけでもありません。ということで、実感が薄いのだと思います。

「苦手なことにも取り組む」「新しい取り組みを一歩前へ」
と考えていたのですが、それはあまりできていない気がします。少なくとも成果として形はなにも残せていません。

チャレンジしている姿を見ること・応援することはすごく楽しいことだと思います。そうやって応援したい人が僕の中にたくさんいます。だからこそ、僕自身もなにかにチャレンジしていないといけないんじゃないか、と思うのです。
大切なのはいつでもNEXT、どうチャレンジしていくかが大切で、昔話はNEXTに取り組みためのヒントを見るけるためにするんだと思っています。

ということで、「できた」ことより、成果の形になっていないけど着手はした、ということのほうが大切なことです、いまの僕には。1年あれば、ずいぶん遠いところまで行ける。心願を叶えるために、いろいろな手段を模索して、いままでやってこなかったことへも取り組んでいきます。

とりあえず、今年の仕事で印象深いのはこれ



ただ、インタビューは去年のうちにしていたんで、「今年」と言われると印象が薄くなります(苦笑)

来年は、山口さんのチャレンジに負けないように、気構えだけは同じようにチャレンジを続けていきます。

ということで、今年の1枚はこれにします。けっこう恥ずかしいけど。

25550463_1617744488271370_5437857649731393857_n