にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

(2015年9月30日にアップした、「企業内診断士として:【雑記】『企業診断』10月号に寄稿しました~ 和田裕美さん取材記事」に加筆したものです)

『企業診断』2015年10 月号にも寄稿しています。

一度お役御免になったはずでしたが、6月、8月号に続いて今回も「FOCUSー情熱と冷静と」のコーナーです。
(8月号についてはこちら⇒  次世代につなぎ、生み出す日本の伝統

今回は、ビジネス書の著者で和田裕美事務所株式会社社長である和田裕美さんをインタービューして、記事をまとめました。

18581824_1411228822256272_7659304826910210167_n


和田さんは僕にとって、いろいろな意味で師匠にあたる方です。出版されている著書は全部読んでいるはずです。ですからすんなり書けると思っていたのですが、これが見込み違いで(苦笑) まったくと言っていいほど締め切りギリギリまで書けませんでした。

書きたいことはたくさんあるのですが、どのエピソードをどのくらいのボリュームで書けばいいのか。よく知っているだけに「この話はいらないだろう」と思う反面、読者の多くは和田さんについてそれほど詳しいわけではないので、「やっぱりこのへんのことから書いておかないと伝わらないよな」と思ったりと、キーボードを叩く手は止まってしまいました。

それでもなんとか書き上げました。結果的には、けっこういい仕上がりなっていると自負しています。苦労した甲斐があったというか(笑)

和田さんのことを知らない人が読んでも、一通り、和田さんの足跡がわかるようになっています。よく知っている人が読んでも、初めて読むエピソードやうっすらと知っていたけどそういうことだったのか、と思っていもらえる部分もあると思っています。

書き出しは、ずっとやってみたかったスタイルで書いてみました。最終章は、今回のインタビューで初めて聞いた話を書いています。

グダグダになりながら書いたのですが、最終的にはいい出来になったといまでは思います。その後、僕が記事を書いていく上で一つの形をつくれた時だと思います。

(追記)
たぶん、その後僕が執筆を続けているのはこのときの記事が書けたからだと思います。その後に続くさまざまな経験をさせてもらいました。