にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

(2015年5月31日付、「企業内診断士として:【雑記】『企業診断』6月号に執筆しました~(株)マザーハウス 山崎大祐副社長 取材記事」に加筆したものです)

『企業診断』 2015年6月号
の「FOCUS―情熱と冷静と―」というコーナーで執筆させていただきました。


マザーハウスの山崎副社長を取材させていただき、記事にまとめたものです。

6企業診断


実はこのコーナーのサブタイトル「―情熱と冷静と―」とは、山崎副社長が主催されいる「マザーハウスカレッジ」のテーマにもなっている
「Warm Heart, Cool Head」
からヒントを得てつけさせていただきました。
それだけに、僕が担当する回の最初は、山崎副社長にお願いできればと考えていました。実現できて本当にうれしく思っています。

記事は、個人的にな思い入れから、谷中店(谷中銀座商店街)のことやマザーハウスカレッジのことに多めに触れています。また、山口代表との出会いやおふたりの役割分担、山崎さんから見た経営者としての山口さんさんについても書かせてもらいました。

また今回のタイトルは
多様性が共存できる社会を目指して
です。この部分に関しては、山崎さんと僕の想いが完全に一致したところだと思っています。この想いだけは形にして表現して、伝えていかなくては考え、なんとか書き上げることが出来た記事です。

稚拙な部分もあるかと思いますが、今までにない切り口も若干は出せているのではないかと思っています。もしよければ、手に取って目を通してもらえると幸いです。




(追記)
あらためて執筆した記事を読み返してみると、妙に谷中店にこだわっていたなあ、と思います(笑) マザーハウスは一顧客としてファンであり続けているとともに、山崎さんからは、経営とはどういうことか、特に財務・ファイナンスを預かるとはどういうことかをいまでも学ばせてもらっています。
先日、「カンブリア宮殿」でマザーハウスが取り上げられ、代表の山口絵理子さんが出演していました。ミーハーに山口ファンな僕ですが、マザーハウスを語る上では、山崎さんも欠かせません。少しでも山崎さんへの理解の助けになれば良かったと思います。