にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2016年は特筆すべきことはないなあ、と手帳を眺めながら思っていました。やりたいと思ったことはほとんどできてません。
 
でも、ほとんどのことには手をつけていて、途上にある、という感じです。

で、ちょっと昔の手帳を引っぱり出して見てみたら、以前は

できていない=そもそも手をつけていない

ことがやたらに多かった。そういう意味では成長しているのかもしれない、と思います。

考えてみれば、今年の冒頭、「苦手なことにもチャレンジする」と決めたんで、1年で結果が出ないこともあるでしょう。会計・ファイナンスの専門知識を身につけるなんて、僕にとっては1年では無理(苦笑)それ以外のチャレンジも即効性があるかというとちょっと疑問だな、ということが多い。だとしたら、種まきの季節だったんだね、と考えればいいのかと思いました。

実際、11月の終わりころから、カタチになりそうな気配を見せているものもあります。もちろん、結果を残せるかどうかはこれからの取り組み方にかかってきます。

手を抜くことなく2017年に臨みたい。

高松わくわく2