にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

ブータン、これでいいのだ/御手洗瑞子



気仙沼ニッティングの御手洗瑞子さんが、それ以前、ブータンの政府フェローとしてあたらいていたとき、現地で書き綴ったものです。

「幸福の国」といわれるブータンは、実はリアルな問題を抱えた、現実の発展途上国だということが伝わってきます。我々が勝手にイメージしている像は、我々自身の中にある郷愁が生み出したものに過ぎないこともわかるでしょう。

にもかかわらず、ブータン人、ブータン王国という組織から学ぶものは多いと思います。

幸せに対する考え方、コミュニティのあり方など、同じ大乗仏教を根底におくもの同士、共有できるはずです。

そして、あきらかに心情的にはブータンに加担しながら、客観的な視点を失わずブータンを描く御手洗さんの筆力も素晴らしい。

〈併せて読みたい〉
【読書】気仙沼ニッティング物語:いいものを編む会社/御手洗瑞子