にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


小泉今日子書評集



僕の人生の節目には、いつも小泉今日子がいた、といえば大袈裟か。いつもは嘘です。でも、いくつかの節目にkyon2は現れた。
大学受験浪人3年目。代々木で明るい浪人生を演じながら、漠然とした不安と戦っていた時代、テレビも電話もない生活の中、唯一聴いていたラジオ番組は、「小泉今日子のオールナイトニッポン」だった。

社会人になって20年近く、学生のころは頻繁に足を運んだ映画館からも劇場からも足が遠のいていた。小泉今日子が出演した映画『トウキョウソナタ 』『グーグーだって猫である 』、加藤健一事務所の舞台『高き彼物』が、僕をそこに引き戻してくれた。
40歳を超えて久しぶりにライブステージに立ち、『なんてったってアイドル』を歌う彼女を見て、「歳をとったことを言い訳にしない」と決めた。
そんな彼女の書評集。読売新聞に掲載された10年分の書評だ。だけど、単なる本の紹介ではない。彼女が何を感じ、何を考えながら読んだかが伝わってくる。結果的に、38歳から48歳までの小泉今日子の人生が透けて見える、良質なエッセイになっている。

彼女が紡ぎだす言葉は、人を惹きつける。きっと歌手として、女優として、多くの言葉に触れ、それを咀嚼し、表現してきた経験がこうした言葉を生み出しているのだと思う。

僕には「こんな文章を書きたい」と憧れている人が何人かいて、その一人は間違いなく小泉今日子である。自分も書評ブログといわれるものを書いているわけで、彼女の書評を読むと、共感と同時に嫉妬を覚える。自分の文章と比較すると、ため息しか出ない。

そんな作品集を冷静に書評するなんて本当はできるわけがない。にもかかわらずこれを書いているのは、一人も多くの人にこの本が届いてほしいと思っているからです。

1冊読み終わると、小泉今日子の言葉に励まされ、生きる力が湧いてくる。ネットでは『四十九日のレシピ』の書評が話題になっている(「小泉今日子 四十九日のレシピ」で検索するとたくさん出てきます)が、それ以外の書評も「彼女にしか書けない」と思える、クールだけど暖かい書評がたくさん載っている。

僕自身、勇気づけられる言葉は数々ある。
ひとつだけ紹介して終わりにします。実は読売新聞に掲載された当時に読み、この10年近く、僕をひそかに支えてくれた言葉です。

山田詠美の『無銭優雅』の書評から。
同世代のせいか、この本には気持ち良く共感できる言葉がたくさんあった。そして、生きることを存分に楽しめる自信が今むくむくと心に沸いている。ビバ、四十代! と叫びたいくらいだ。(p77)

<あわせて読みたい>
MEKURU VOL.07 (小泉今日子)


SWITCH Vol.34 No.4 小泉今日子 原宿プレイバック


黄色いマンション 黒い猫 (Switch library)