チームの力: 構造構成主義による”新”組織論/西條剛央



本書は、構造構成主義の観点から書かれた初めてのチーム論である。(p10)

冒頭に書かれたこの一文が、この本の趣旨を表しています。著者は東日本大震災時に、日本最大級の支援プロジェクト「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げた西條剛央さん。
「ふんばろう~」の立ち上げ、運営の経験についても触れながら、チームを運営するための「原理」について書かれています。

<目次>
序章 『進撃の巨人』の“巨人”とは何か
第1章 なぜ未曾有のチームができたのか
第2章 どんなチームを作るのか―「価値の原理」
第3章 ブレないチーム運営―「方法の原理」
第4章 機能するチームとは―「人間の原理」
 
原理という言葉は必ずしも良い意味で使われているとは限りません。「○○原理主義」といえば、○○に拘泥する人を指します。日常では融通が利かない奴、という意味で使われることが多いでしょう。

一方で「原理・原則は大事だ」とも言われます。「原理」とはどういうものなのでしょうか。

経験則や経験(エビデンス)の積み上げにより構築された「個別理論」は例外があるため一般化することはできない。しかし、批判的吟味を通して"例外なくそのように言える"と確かめられた"原理"は、経験に基づ個別理論と異なり、いつでもどこでも普遍的に洞察できる"視点"として活用することが可能になる。(p63)

いつでもどこでも例外なく妥当する、普遍性を備えた考え方が「原理」だということです。だからやっぱり硬直的なものなのかと受け取られるかもしれませんが、そうではありません。あくまで考え方が普遍的だということで、そこに現れる行動などは柔軟なものになります。

たとえば、第2章で言及される「価値の原理」については 
 
チーム作りに役立つ原理が、”価値の原理"である。価値の原理とは、"すべての価値は目的や関心、欲望といったものに応じて(相関して)立ち現れる"というものだ。(p61)

また第3章の「方法の原理」については
 
その際にもっとも機能したのが"方法の原理"だ。これは、方法の有効性は"状況"と"目的"によって変わるというものだ。(p29)

と述べています。つまり、どんな状況でも、どんな目的の下でも、変わらない価値や方法はない、という考え方をしています。硬直した価値観、方法論は取らない、ということこそが普遍性をもった考え方だということです。

第4章の「人間の原理」にもこれは当てはまります。人間は一人ひとり違います。「こういう接し方が正しい」などという唯一解はあり得ない、ということです。

尊敬している人に褒められれば、凄くうれしいと思うし、励まされればがんばろうと思うし、お礼を言われればやってよかったと思うし、たしなめられれば反省する。しかし、軽蔑している人に褒められても嬉しくないだろうし、励まされても「おまえががんばれよ」と思うかもしれないし、叱られたら反発することもあるだろう。同じことを言っても、誰が言ったかによって意味は変わる。(p86)

この本を読めば、理念を共有すること、目的を明確にすること、状況をきちんと把握することなどが大切な理由がわかります。それを飛ばして、方法論やマネジメント論を語っても意味がない、と痛感することでしょう。

さらに言えば、価値観は他人によって違います。状況は常に変化します。それに対処していくためにもっとも大切なことは、「答えを共有するのでなく『問い』を共有することだと思いました。

人は「答え」を求めようとする。しかし、「正しい答え」がどこかに転がっていたり、本に書いてあったりすることはない。なぜなら、その人が置かれている状況によって「正解」は異なってくるからだ。求めるべきは「答え」ではない。適切な"問い"こそが、チーム(組織)をまっとうな方向に導くのだ。(p123)

問いは「問題意識」と言い換えてもいいと思います。この意識が共有できれば、各々が違う考えを持っていても議論が成り立ちます。逆に幅広い視点から議論が行われ、実りある結論を導ける可能性が高いでしょう。

しかし、問題意識を共有できないまま議論をすれば、議論は散漫になり、拡散してしまって、なにを議論しているのかすらわからなくなる可能性があります。

いま自分が、チームを運営しなくてはいけない立場になりつつある中、なにを大切にしなくてはいけないか、痛感させられます。やり方に固執するのではない。問題を共通認識することが根本にあるのだと思いました。

原理とは、上手に考えるための視点だ、と西條さんは言われています。何か不都合があったとき「これは『方法の原理』からみるとどう理解できるだろう」と考え、「では、どんな解決方法があり得るだろう」と動いてみる。その繰り返しで、深化していくものだと思います。

折に触れ、この本に立ち返り、「原理とはなにか」を考えていこうと思います。何度でも再読する価値のある本です、少なくともいまの僕にとっては。

チームの力


PS
「ふんばろ~」の経験をまとめた『人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか 』を読み始めています。実は昔購入していたのですが、思うことがあって本を開かずにいました。震災から4年、少しは冷静になって読めると思います。この本に書かれた「原理」を実践でどう活かしたのか、ケーススタディとして読むことができるはずです。
逆に『人を助けるすんごい仕組み 』をすでに読まれた方は、本書を読むことで「ああ、あの行動はこういう原理に基づいていたのか」と気づけると思います。