THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【雑記】MONOQLO (モノクロ) 2017年 10月号に載ってます

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

MONOQLO (モノクロ) 2017年 10月号



今年(2017年)8月、雑誌「MONOQLO(モノクロ)」10月号の「ビジネス書最強格付け」コーナーに載せてもらいました。

知り合いからご紹介いただきました。2016年以降に発売になったビジネス書をビジネス書初心者向けに採点(格付け)するコーナーです。編集部から、リストの中で読んだことのある本について採点してほしい、とのことでした。

あまり読んだ本がなく(笑) 気楽に採点していたのですが、その後、「リストに載っていない本で推薦できるものを数冊教えてください」との依頼があったので、二冊、推薦しました。

そうしたら、こんな感じで載りまして、ちょっとビビりました(笑)

モノクロ1

続きを読む

【セミナー】マザーハウスカレッジ特別編「LIFE×CREATION×BUSINESS」

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

12月23日天皇誕生日、マザーハウスカレッジ特別編に参加してきました。

最近めっきりセミナーに出なくなっているのですが、マザーハウスカレッジは別です。とても刺激あって、できる限り参加するようしています(とはいえ今年は1回しか出られてないのですが)

今回は特別編ということで、ゲストはマザーハウス代表兼デザイナーの山口絵理子さん。ホストが副社長の山崎さんですで、マザーハウスのツートップの対談が聞けるのを楽しみにしていました。

テーマは、「LIFE×CREATION×BUSINESS」。

マザーハウスカレッジでは、ゲストの方の「人生曲線」を示して、それに基づいて対談していくところから始まります。「LIFE」の部分ですね。

それで山口さんが書いた人生曲線がめちゃくちゃ面白い(笑) こんな形のものを書いた人を僕はいままで知りません。

ファイル 2017-12-23 21 04 54

続きを読む

【勉強会】八丁堀・まなび塾 『手帳大賞受賞&出版 W報告会』を開催して

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

9年近く、毎月コツコツと続けてきた八丁堀・まなび塾。今年最後の開催は、11月に
仕事が速くなる! PDCA手帳術
を出版された谷口和信さんに登壇していただき、
『手帳大賞受賞&出版 W報告会』
とのテーマで話をしていただきました。

まなび塾12月

続きを読む

【読書】仕事が速くなる! PDCA手帳術/谷口和信

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

仕事が速くなる! PDCA手帳術/谷口和信



学生のころから手帳は使っています。だからもう、30年近く使っていることになります。

なにを書くかは、その時期その時期で変わってきました。学生時代は、その日誰と飲んだか、がメインでした(笑) 社会人初期は仕事のメモ、営業職になってからアポイント管理でした。たいしたことは書いていないです。ただ思うのは、ろくに書いていない、手帳がスカスカでほぼ白紙に近いように状態の時期は、生活がすさんでいた時期と重なります。2003年ころから2007年までです。

そう考えると、手帳は生活の充実度のバロメーターにもなるし、だからこそ、スケジュール管理だけだともったいないと思うのです。

<目次>
第1章 何のために手帳を使うのか?
第2章 手帳の基本
第3章 仕事が速くなるタスク管理術
第4章 仕事が速い人の手帳の使い方・基礎編
第5章 仕事が速い人の計画の立て方
第6章 仕事が速い人の改善方法

続きを読む

【読書】町工場の娘/諏訪貴子

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

町工場の娘/諏訪貴子



*2017年12月、現在、NHK総合ドラマ10の枠で放送されている「マチ工場のオンナ」の原作『町工場の娘』についての書評です。もともと2014年12月18日にアメブロに書いたものです。
【読書】町工場の娘~主婦から社長になった2代目の10年戦争~

ドラマの放映をきっかけに、こちらに転記しました。

------

自分の親が、なんの前触れもなく「余命4日」と宣告されたら、それだけでももの凄いショックを受けるでしょう。

しかもその親は、中小企業の社長で、少なからず社員を抱え、一人で切り盛りしていて後継者については何も決まっていない、としたらパニックになってもおかしくないと思います。

この本はそんなエピソードから始まります。

<目次>
第1章 突然、渡されたバトン
第2章 手探りの会社再生
第3章 私の仕事論

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード