THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【イベント】企業内診断士シンポジウム ~企業内診断士だから出来ること~多彩な企業内診断士が熱く語る活躍の秘訣

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

10月28日土曜日、東京都中小企業診断士協会の秋大会の中で、「企業内診断士交流会」が行われました。今年で8回目。事務局として運営に携わりました。

今回は新しい試みとして
「企業内診断士シンポジウム
~企業内診断士だから出来ること~多彩な企業内診断士が熱く語る活躍の秘訣」
をテーマに開催しました。

企業内診断士交流会

続きを読む

【再読】福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出/小倉昌男

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出


(2014年7月11日付『【読書】福祉を変える経営~障害者の月給1万円からの脱出/小倉昌男』に加筆・修正したものです)

著者紹介はするまでもないと思います。ヤマト運輸の社長・会長を歴任された、故小倉昌男さんのご著書です。2003年10月が初版ですから、いまから11年前の本ということになります。

ヤマト運輸の会長を退任後、ヤマト福祉財団を設立されました。そこで行われてきた、障害者就労施設の施設長や職員向け「経営パワーアップセミナー」の内容を中心にまとめられています。

<目次>
第1章 障害者の自立を目指そう!私の福祉革命
第2章 福祉を変える経済学
第3章 福祉を変える経営学
第4章 先進共同作業所の経営に学ぼう

続きを読む

【過去の執筆】「多様性が共存できる社会を目指して」~『企業診断』2015年6月号 (株)マザーハウス 山崎大祐副社長 取材記事~

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

(2015年5月31日付、「企業内診断士として:【雑記】『企業診断』6月号に執筆しました~(株)マザーハウス 山崎大祐副社長 取材記事」に加筆したものです)

『企業診断』 2015年6月号
の「FOCUS―情熱と冷静と―」というコーナーで執筆させていただきました。


マザーハウスの山崎副社長を取材させていただき、記事にまとめたものです。

6企業診断


続きを読む

【講座】事業再生の知識とマインドを求めて~ターンアラウンド・マネージャー(TAM)養成講座~

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

7月から8月にかけて、こっそりと「ターンアラウンドマネージャー(TAM)養成講座」に通っていました。7月の土日4日間、8月のお盆期間3日間の計7日間です。

ターンアラウンドマネージャー(TAM)とは、事業再生のスペシャリストを意味します。中小企業の事業再生・企業再建のための実践型の支援を行ったり、再建が必要になる前段階で企業の危機を回避するため、企業内部から企業改革を行ったりする役目を担います。

6321TAM講座

続きを読む

【雑記】第2回「中小企業診断士紫紺会」総会&パーティ

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

同窓会が好きではなかった。

おそらく理由はふたつあります。ひとつは、自分の生活が乱れ切っていたので、昔の友だちにあわせる顔がないと思っていたこと。もうひとつが、あんな恥ずかしい時代を懐かしがって集まるのはかっこ悪いと思っていたことです。

学生時代は確かに楽しかったですが、それはいま振り返るととてつもなく恥ずかしいことの積み重ねの上に成り立っています。普段は忘れているトラウマを刺激されるようで嫌でした。

とりあえず自分の生活を立て直してからもしばらくは、同窓会的なものへは参加しませんでした。人と会うのは刺激的なこと。過去を懐かしがってつるんでる雰囲気になるのが嫌だったのです。

数年前、ちょっと考えが変わりました。この歳まで生きてこれた人間同士が、語り合うのも悪くない。いまの自分を作っているのは、確実に過去の自分です。互いにあっていなかった空白を埋めるために、自分自身の歩んできた道を振り返る。それには意味があるように思えました。

それ以来、参加するようになりました。ここ3年くらいのことです。

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード