THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■書評以外のことは、 note に書いています
h_chugun』 
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【アーカイブ】外資金融では出会えなかった日本でいちばん投資したい会社/鎌田恭幸

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


外資金融では出会えなかった日本でいちばん投資したい会社/鎌田恭幸



鎌倉投信株式会社」 の社長である鎌田恭幸さんが書かれた本です。

「企業の社会的責任(CSR)」が問われるような時代になったと思います。

このブログでもいくつか取り上げさせていただきましたが、高い志・理念をもってその責任を果たそうとする企業・経営者が日本にも数多くいることも事実です。

一方、こうしたことを経営者や企業の道徳観に依存してしまうのもどうかと思います。

つい先日まで、日本の財界のトップだった方は、自社で「偽装請負」が発覚しようが、 関連子会社で「派遣切り」が起きようが、経団連の会長にふんぞり返って、高い報酬を得ていました。

これを「道徳心のない奴」と非難することは簡単です。でも、当時の日本の風潮、企業に求められるのは「株主価値を最大化すること」であるとするならば、彼の行為は正しいことになります。なにせ、デフレ不況の中で自社の純利益を3期連続で過去最高にしたのですから。

結局、こう考えるしかないのだと思います。

会社にいいことをさせようとして「企業倫理がどうたらこうたら」という人がいる。
これも下らない。もうかるとふんだことしかやらないのが企業だ。別にそれでいいんだよ。
企業にいいことをさせたければ、「いいことをしなければもうからない社会」を作るしかないんだ。
(宮台真司著 『14歳からの社会学』より)

続きを読む

【読書】セゾン文化は何を夢みた/永江朗

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

セゾン文化は何を夢みた/永江朗



新卒で就活をしているとき、セゾングループを受けていました。確か、西洋環境開発だったような……あっさり落とされましたが(苦笑)
僕らの世代、もう一世代上までにとって、「セゾン」は特別な意味を帯びる言葉でした。

<目次>
セゾン系にはじまる―一九八一年春に私が経験したこと
1 アール・ヴィヴァン―芦野公昭に訊いて思い出したこと
2 リブロ―中村文孝を訪ねて気づいたこと
3 セゾン美術館―難波英夫に聞いて知ったこと
4 無印良品―小池一子と会って思ったこと
5 セゾンの子として―小沼純一と話して感じたこと
6 西武百貨店文化事業部―紀国憲一を取材して見つけたこと
7 セゾン文化とは何だったのか―堤清二と軽井沢で再会して分かったこと
時代精神の根據地として(堤清二)


続きを読む

【勉強会】第79回八丁堀・まなび塾「手帳の選び方・使い方」を開催

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

2009年4月から毎月一回続けてきた「八丁堀・まなび塾」。今回で79回目でした。ここまできたら、100回まではやりたいな、と思ってます。継続は力、になってるかはわかりませんが(苦笑)

今回のテーマは、季節にぴったりな「手帳」でした。
谷口和信さんに講師をお願いして、
手帳の選び方・使い方
ということでお話ししてもらいました。

谷口さんは、日経ビジネスアソシエなどの「手帳特集」に何度も登場されている方です。

まなび塾10月使用

続きを読む

【読書】それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと/林英恵

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ




「ハーバード」とか「スタンフォード」とかがタイトルについていると、つい避けてしまうのが常のなのですが(苦笑) この本はご縁があって手に取ることになりました。 そして、やっぱりご縁というのはあるもんだなと思いました(笑)

<目次>
はじめに
プロローグ
第1章 変化
第2章 転機
第3章 仕事
第4章 心
第5章 未来
エピローグ

続きを読む

【読書】投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール/新井和宏

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール/新井和宏




「これからの社会にほんとうに必要とされる会社、皆さまがファンとなって応援したくなるようないい会社」に投資することを運用方針にしている投資信託があります。鎌倉投信(株)が運用しているファンド「結い2101」です。

投資信託はたくさんありますが、こんな方針で運用しているファンドは他にはありません。これではまるで寄付をするのか、と思ってしまう内容です。しかし「結い2101」は基準価格が上昇しています。

金融業界にとって常識外れの方針を打ち出しながら、きちんと運用できているのはなぜなかのか。その投資方針・哲学などを、「鎌倉投信」の運用責任者・新井和宏さんが説明しているのが本書です。
<目次>
はじめに
第1章:「きれいごと」で成功した非常識すぎる「8つの投資法則」
第2章:「投資は科学」から「投資はまごころ」へ
――「リターン」を再定義する
第3章:「経営効率の悪い小型株」で、「リスク」はチャンスに変わる
――「リスク」を再定義する
第4章:「安く買って高く売る」に必要なのは金融工学ではなく「信頼」
――「投資」を再定義する
第5章:「格付け」よりも大切な「8つの会社の見方」
――「経済指標」を再定義する
第6章:企業価値は、過去の成功ではなく「ずるい仕組み」を持っているかどうかで判断する
――「ビジネス」を再定義する
第7章:金融機関の役割は、お金に眠る「つなぐ力」で社会を動かすこと
――「金融」を再定義する
おわりに

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード