THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【読書】荒くれ漁師をたばねる力 — ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命/坪内知佳

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


荒くれ漁師をたばねる力 ― ド素人だった24歳の専業主婦が業界に革命/坪内知佳



ビジネス書を読んで、魂を揺さぶられたのは久しぶりです。よく悪くも著者の坪内知佳さんは、それだけのインパクトがある人です。

大学中退、結婚、出産、離婚、シングルマザー…… ベタに見えるほどの不幸な境遇と、そこから這い上がって成功をつかむ話、ではありません。別にまだ、成功という結果が出ているわけではありません。そもそも彼女は、シングルマザーになったことを不遇だと考えていたとは読み取れません。生きていくために必死に立ち向かっている姿しか浮かんでこないのです。

そんな中、偶然知り合った漁師から「何か新しくできることを考えてくれ」と言われ、6次産業化の認定事業者申請を提案します。そして、その事業計画書を自分で書くことになり、さらに、「計画書を書いたのはあんたなんだから」といわれて、その団体(萩大島船団丸)の代表になりました。

そして、中国・四国地方で国が認定する「六次産業化法」の認定事業者第一号になります。漁師たちからは「あんたのおかげで、難しい書類も書けて、認定ももらえた」とお礼を言われます。

<目次>
第1章 「社長になってくれ」と頼まれて
第2章 荒くれ者たちとの戦い
第3章 漁師たちの反乱
第4章 心をたばねる
第5章 強く、熱い風になる
第6章 命を輝かせて働くということ

続きを読む

【勉強会】107回目の八丁堀・まなび塾「仕事に役立つ日本史入門(幕末維新編)」

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

先月末、2月26日に、107回目の「八丁堀・まなび塾」を開催しました。
今回は僕が講師役を務め、「仕事に役立つ日本史入門(幕末維新編)」をテーマにお話をしました。

大学受験は世界史、大学の学部は政治経済学部、唯一持っている中小企業診断士の試験に当然日本史はない(笑) ということで日本史をちゃんと勉強したことはありません。完全に独学ですが、いまや世界史より得意だと言い切るくらいの自信はあります。
続きを読む

【雑記】バブル世代と呼ばれて

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

僕らはバブル世代と呼ばれていますがバブルの恩恵は少ししか受けていません。就活はおかげさまで恵まれてたと思いますが、本当にバブルを謳歌できたのはぼくらよりも上の世代、バブル世代とは呼ばれないような人たちが、金を使い放題使えたわけです。僕らは就職してまもなくバルブがはじけたので、六本木で夜を明かしたこともない。新宿でならあるけど。

d12e3c5faf0d64cf90eebe75e5b9ad2b_s


続きを読む

【読書】ハンナ・アーレント『全体主義の起原』 2017年9月 (100分 de 名著)

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

ハンナ・アーレント『全体主義の起原』 2017年9月 (100分 de 名著)



昨年の9月に放送されたNHKEテレの「100分de名著『全体主義の起源』」のテキストになります。ハンナアーレントの主著である『全体主義の起源』は「反ユダヤ主義」「帝国主義」「全体主義」の三部から構成されていますが、第1回から第3回までで一部ずつ解説しています。

全体主義は、一人の特異な独裁者によって生まれるものではありません。そうした独裁者はある種の役割を演じることが多いでしょうが、それがすべてではありません。ナチス政権が民主的な選挙で第1党になることで政権を獲得したことが象徴するように、全体主義は動員された「大衆」によって生み出されていきます。

「大衆」という日本語は、普通の庶民のような意味に感じられるかもしれませんが、英語では「Mass Man」になります。これはどちらかと言えばマイナスワードです。自分が置かれている状況の変化を把握できず、「分かりやすい」説明や世界観を安易に求める人々、といえばいいでしょうか。

現代日本も「Mass Man」のような人が増えているように感じます。なにも政治的な話をしているわけではありません。企業社会の中でも同じようなことが起きている思います。全体主義を生み出すMass Man=大衆とは、どんな存在か。どんな特徴があるのか。それを考える上では、第4回で取り上げられている『エルサレムのアイヒマン』がより参考になると考えています。

<目次>
【はじめに】今なぜアーレントを読むのか
【第1回】 異分子排除のメカニズム
【第2回】 帝国主義が生んだ「人種思想」
【第3回】 「世界観」が大衆を動員する
【第4回】 悪は「陳腐」である

続きを読む

【執筆】インタビューを担当した記事がWEBに掲載されています(私の起業STORY)

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ


私の起業STORY


昨年10月、栃木県で女性起業家2名にインタビューをさせてもらいました。その時のことがWEBに掲載されています。

載っているのは、経済産業省の「女性起業家等支援ネットワーク構築事業」の(関東経済産業局圏内担当)に選定された、エキスパート・リンク株式会社が運営している「私の起業スタイル」というサイトです。コンセプトは「女性がそれぞれのライフスタイルに応じた起業を目指す『私スタイル』の起業の起業を応援します。」だそうです。


続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




プロフィール

h_chugun

最新コメント
記事検索









QRコード
QRコード