THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾


【読書】チームの力: 構造構成主義による”新”組織論/西條剛央

チームの力: 構造構成主義による”新”組織論/西條剛央



本書は、構造構成主義の観点から書かれた初めてのチーム論である。(p10)

冒頭に書かれたこの一文が、この本の趣旨を表しています。著者は東日本大震災時に、日本最大級の支援プロジェクト「ふんばろう東日本支援プロジェクト」を立ち上げた西條剛央さん。
「ふんばろう~」の立ち上げ、運営の経験についても触れながら、チームを運営するための「原理」について書かれています。

<目次>
序章 『進撃の巨人』の“巨人”とは何か
第1章 なぜ未曾有のチームができたのか
第2章 どんなチームを作るのか―「価値の原理」
第3章 ブレないチーム運営―「方法の原理」
第4章 機能するチームとは―「人間の原理」
 
続きを読む

【セミナー】マザーハウスカレッジ― モノづくりベンチャーで、世界へ挑む! ~今、日本が世界で戦うために必要なこと~

7月1日、下半期の始まりの日に「マザーハウスカレッジ」に参加してきました。
マザーハウスの山崎副社長がホスト役になって、さまざまなゲストのお話しを聞き、また議論もできる場です。
コンセプトは
「Warm Heart, Cool Head」
なにか事を起こすには、熱い情熱がなくてはできません。一方、情熱だけではダメで、実務を着実に行う冷静さも必要です。世間にはそれぞれを学ぶ場はあります。気持ちを高める自己啓発セミナーはあるし、MBAのようなビジネススキルを学ぶ場もあります。しかし、両方いっぺんに議論できる場はほとんどない、ということでこういう形で開催されています。

mhc7月


最近、いわゆる「セミナー」というものに昔ほど参加しなくなっているのですが、マザーハウスカレッジだけは別。時間が許す限り参加するようにしています。

続きを読む

【読書】伝え方が9割 2 / 佐々木圭一

伝え方が9割 2 /佐々木圭一



ベストセラーになった『伝え方が9割 』の続編です。
結論から言えば、前作を読んでいない方も、この「2」から読めばいいと思います。それでもわかるような構成になっています。

<目次>
はじめに 伝え方で、人生は変わる。本当に
第1章   完ぺきに身につける!「ノー」を「イエス」に変える技術
第2章   完ぺきに身につける!「強いコトバ」をつくる技術
おわりに  閉じていた、人生のドアを開けよう
続きを読む

【雑記】本を書きたいと思ったことはない

出版企画書の書き方セミナー」的なことを主催したりすると
「将来、本を書きたい(出版したい)と思ってるんですか? 」
と聞かれることが増えます。

まったくそんな気はないと言ってしまうとうそになりますが、それほど強くは思っていません。

cc1892eda3bfa72bb3b34151b5a2e75b_m


文学少年だった高校生の前半、強烈に本を出してみたいと思っていた時期はあります。小説家になれるとは思っていませんでしたが、それに関わるような仕事、文筆に関わることで飯が食えるようになりたい、そう思っていた時期がありました。
続きを読む

【セミナー】他人に伝わる「出版企画書」のつくり方

5月30日土曜日の午後、
他人に伝わる「出版企画書」のつくり方
セミナーを開催しました。
編集者でも著者でもない僕が主催するのもどうかと思ったのですが、「こんな風にできたらおもしろいかだろうな」と思う形で実現できそうだったので、思い切って企画してみました。

企画書セミナー3

続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索






QRコード
QRコード