THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■noteのマガジンで中小企業診断士情報も更新しています。
兼業診断士の仕事と日常
(過去の診断士ネタは『企業内診断士として』)
 *noteは『 h_chugun 』から。
執筆実績
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾


【アーカイブ】目線を上げて

2009年10月から2010年1月にかけて、MCCで山田ズーニーさんの文章講座を受講していました。
昨日、同期会をしたのですが、互いに自分をさらけ出した経験を持つ絆は不思議なものだと思います。
僕も、文章を書くことを仕事の一部にし始めていますが、すべての原点はここにあります。原点回帰という想いも込めて、再録しておきます。

 
続きを読む

【読書】「自分の言葉」をもつ人になる/吉元由美

「自分の言葉」をもつ人になる/吉元由美



「自分の言葉」というフレーズが実は嫌いです。言葉は公共物。自分勝手に使われてはかなわない。ずっとそう思ってきました。いまでもそう思っています。しかし、この本を読んで、「こういう使い方なら『自分の言葉』という言い方もありだなあ」と思うようになりました。

<目次>
プロローグ 「イメージの葛籠」をあけるとき
第一章   言葉はどのように生まれるのか
第二章   誰にでもできる感性の磨き方
第三章   吉本メソッドの具体的トレーニング法
第四章   「自分の言葉」で情景や心象風景を描く
エピローグ あなたの物語を紡ぐ言葉

続きを読む

【勉強会】八丁堀・まなび塾(76回)~「聞く技術・書く技術」を開催しました

76回目の八丁堀・まなび塾を開催しました。2009年4月から初めて7年目に突入しています。いままでたくさんの方に講師役をお願いしてきましたが、快く引き受けてくれる人がいてここまで続いてきたと思います。

今回は、僕が講師を務めました。テーマは
聞く技術・書く技術
です。

まなび塾8-1

続きを読む

【読書】渋沢栄一 愛と勇気と資本主義 /渋澤健

渋沢栄一 愛と勇気と資本主義 /渋澤健



ヘッジファンド、渋沢栄一、直販長期投資信託。何の関係もなさそうなことを並列的に書かれています。
若いころヘッジファンドでキャリアを積み、日本資本主義の父・渋沢栄一の孫の孫であり、現在、コモンズ投信の会長をされている渋澤健さんだからこそかけた本、という気がします。

<目次>
序章  渋沢栄一に学ぶ「愛と勇気」
第1章 資本主義の鬼子――ヘッジファンドの世界
第2章 もし、いま渋沢栄一がいたならば・・・・・・
第3章「今日よりも良い明日」をめざす共感資本主義
第4章 渋沢栄一の家訓に学ぶリスクマネジメント

続きを読む

【雑記】自立とは依存をやめることではない

自立は目指すべきこと、依存はしてはいけないこと、自立と依存は対にして使われることが多い言葉です。でも本当にそうなんだろうか、ここ数年、疑問に思ってきました。

きっかけは数年前、偶然目にしたこの記事。

自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと

もともと僕は、社会は相互依存でできていると思っています。人はいろいろなものに依存しいないと生きてはいけない。人間だけでなく、動植物やさまざまな文明の利器に依存して生活しています。だから「俺は自立しているんだぜ」と強調したがる人を信用しないようにしてきました。
続きを読む



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索






QRコード
QRコード