THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR Ⅱ~

2015年6月1日、アメブロから移籍してきました。
書評ブログを装いながら、
中小企業診断士としての活動や終わらない日常のできごとなど
日々のよしなごとを一話完結で積み重ねていきます。
旧ブログタイトルは「40歳からの〇〇学~いつまでアラフォーと言えるのか?な日々~」

■プロフィールはこちらから。
自己紹介(プロフィール)

■以前のブログ(アメブロ)はこちら
THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~
■姉妹ブログ
企業内診断士として』 不定期更新中
■noteもやってます。
『 h_chugun 』
■2009年スタート。月1回・平日夜に開催する社会人のために勉強会。
八丁堀・まなび塾

【再読】和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳



(2015年2月12日付け『【読書】和える-aeru- (伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家)/矢島里佳』に加筆修正したものです)

25歳といえば、僕は社会人1年生でした。世の雰囲気はまだまだバブル、何も考えずに就職し、嫌々与えられた仕事をしていた時期です。

その25歳で、ミッションを持って起業し3年目を迎え、ますます成長を続ける女性社長がいました。矢島里佳さん。その人が書いた本です。

<目次>
第1章 伝統産業に恋して
第2章 大学時代に「和える」を立ち上げるまで
第3章 「和える」最大の危機
第4章 常識はずれの「和える」のやり方
第5章 「和える」流 二一世紀の経営スタイル


会社名は「和える」。子どもたちのための日用品を日本の伝統工芸の職人方と共につくり販売している会社です。

社名の由来にもなっているミッションは、こういうことだと思います。

私がやりたいことは、日本の良き先人たちの知恵と、今を生きる私たちの感性を「和える」こと。自国の伝統を活かしながら、新たな伝統を生み出したい。(p195)

僕は和えるのロゴがかなり好きです。
こんなデザインです。

001
続きを読む

【過去の執筆】「リーダーの条件 町工場に誇りを持ち 常に楽しめるリーダーに」~『道経塾』96号 ダイヤ精機(株) 諏訪貴子社長 インタビュー記事~

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

(2015年5月1日付「企業内診断士として: 【雑記】『道経塾』5月号「リーダーの条件」を執筆しました~ダイヤ精機(株) 諏訪貴子社長 インタビュー記事」に加筆・修正したものです。)

モラロジー研究所が発行する『道経塾』96号(2015年5月号)の巻頭記事「リーダーの条件」を執筆しています。

ダイヤ精機(株)の諏訪貴子社長へのインタビュー記事です。

諏訪さんは昨年(2014年)、『町工場の娘』(日経BP社)を出版されたました。ご縁があって(友人のFacebookで紹介していて知りました)、タイトルに興味を持ちすぐに手に取りました。

経歴や考え方に共感しましたし、なにより読み終わると元気が出てくるような内容でした。すぐに書評を書きました。それがこれ。
⇒ 引き受ける勇気~【書評】『町工場の娘~主婦から社長になった2代目の10年戦争』

0001諏訪社長

続きを読む

【読書】どうすれば、売れるのか?―世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方/木暮太一

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

どうすれば、売れるのか?―――世界一かんたんな「売れるコンセプト」の見つけ方/木暮太一



「どうすれば売れるのか?」
販売のみならず、ビジネスに携わる人ならだれもが考えたことがあるでしょう。だけどなかなか答えは見つからない。

答えの候補の一つはマーケティングです。ピーター・ドラッカーは「マーケティングの目的は、販売を不必要にすることだ」と言っています。自然に「売れてしまう状態」をつくるためにマーケティングがある、ということです。

我々はこの状態をつくるために、消費者に「認知」してもらったり、「興味」をもってもらったりするためになにをするか、を考えがちです。(「AIDMA理論」や「AISAS理論」が典型でしょう)

しかし、これでは売れない、と著者の木暮さんは言います。

マーケティングを考える前に、そもそも自分の商品がお客さんを惹きつけているかを考えなくてはいけない、お客さんを惹きつける商品でなければ、いくら"マーケティング"をしても意味がないのです。(p6)

まず、商品、コンテンツそのものに魅力がなくては売れようがありません。魅力があれば必ず売れるわけではありませんし、魅力がないものが売れ続けることはあり得ないでしょう。

木暮さんは、売れるコンテンツには法則があると言います。その法則に従えは、売れるコンテンツをつくれるのです。そのことをご本人の体験を交えながら書かれているのが、本書です。

<目次>
序章 売れるものには法則がある
第1章 「売れる」と「売れない」の違いはどこにある?
第2章 売れるコンテンツの4つの特徴
第3章 売れるコンテンツを作る
おわりに

続きを読む
最新コメント



にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村